免疫力を高める方法で体を強化|病気を打破する

脳細胞を活性化

サプリメント

認知症の予防や進行防止

昨今では、高齢化によって認知症になる人が増えてきています。これは、脳への血流が滞り、脳細胞が十分な栄養分を供給されなくなることが原因のひとつとなっています。脳細胞が衰えることで、脳が全体的に委縮していき、認知症が引き起こされるのです。しかし認知症は、DHAやEPAの摂取により、予防したり進行を防いだりすることが可能となります。なぜなら血行不良は、血液内のコレステロールが原因なのですが、DHAにもEPAにも、このコレステロールを減らす力があるからです。さらにDHAに関しては、脳細胞の栄養分としても使われます。つまり血行を良くしつつ、他の栄養分と一緒にDHAを多く脳に届ければ、それだけ脳細胞は活性化することになるのです。

受験生や妊娠中の女性も

DHAの摂取は、認知症の予防だけでなく、頭の回転を良くするためにも効果的とされています。具体的には、脳細胞の活性化により記憶力が向上したり、集中しやすくなったりするのです。これにより学習能力も向上するので、DHAは高齢者だけでなく、受験生にもよく摂取されています。また、妊娠中の女性がDHAを摂取すると、血液によってお腹の赤ちゃんの中にもDHAが流れ込みます。そして母体から十分にDHAを貰い受けた赤ちゃんは、誕生後にIQの高い子供として育つ確率が高くなることが知られています。誕生してから摂取した場合よりも、IQが高くなりやすいことから、昨今では妊娠中の女性の多くが、積極的にDHAを摂取するようになっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加