免疫力を高める方法で体を強化|病気を打破する

安全な健康、美容対策

ハチミツ

プロポリスの原液は食品と同じ扱いなので、副作用のリスクがありません。健康、美容対策に役立てましょう。また、プロポリスの原液を選ぶ時は鮮度が一番高いウルトラグリーンがおすすめです。さらにオーガニックタイプなら完璧です。

もっと見る

病気になりにくい体を作る

カップル

免疫は腸内環境と関係が

免疫が弱まると病気から体を守ることができなくなります。かかる前の予防としても、免疫力を上げることは重要です。免疫力を高める方法の一つは、腸内環境を整えることにあります。免疫細胞は腸内の菌に刺激を受けて強くなり、体内を守ってくれるようになります。腸内の菌が減ってしまうと免疫細胞が強くなるきっかけが失われてしまうのです。現代の日本人の食生活は、昔からある漬物やみそなどの発酵食品、野菜や果物の量が減り、加工食品の量が増えています。腸内の菌は発酵食品などで補給することができますし、野菜や果物に多く含まれるオリゴ糖や食物繊維は菌のえさになります。加工食品の添加物の中には腸内の菌を減らしてしまうものもあります。免疫力を高める方法としては食事をするときに和食を意識することです。取り入れることが難しい場合はサプリメントなどで補うことも必要です。

気持ちも健やかに

免疫力を高める方法の二つ目はストレスをためず、自律神経を元気にすることです。ストレスは免疫細胞を減らしてしまいます。自律神経を元気にするには十分な睡眠と軽い運動、そして笑いが有効です。癌と闘う免疫細胞のNK細胞も笑うことでストレスを減らし、たくさん作られます。免疫力を高める方法の三つ目は体の体温を上げることです。体温が一度あがると免疫細胞の働きが活発化します。最近は子供も低体温だったりします。食生活や生活環境が原因とされていますが、まずは冷たいものをとりすぎないことに気をつけます。そしてシャワーだけでなく浴槽に入浴したり、適度な運動をとり入れることで日常的に体温が上昇し、免疫を高めることができます。

脳細胞を活性化

サプリメント

DHAとEPAを摂取すると、脳への血流が良くなることから、認知症の予防効果や進行防止効果が出てきます。また、DHAは脳細胞の栄養分となるので、摂取により記憶力や学習能力が向上しやすくなります。そのためDHAは、高齢者や受験生、そして赤ちゃんのIQを高くするため、妊娠中の女性によく摂取されています。

もっと見る

体を温める

背広のウーマン

冷え性は体の不調を感じることが多くなり、病気を誘発する恐れもあるので、漢方などでの改善が人気です。冷え性の改善には体の内側や外側など、さまざまな角度からアプローチを行い、体を温めることで改善に役立ちます。

もっと見る

このエントリーをはてなブックマークに追加